石廊崎ジャングルパーク 2002年6月16日掲載 (2003年10月 最終更新)
  

<お知らせ>
昭和44年の開園から長年にわたって熱帯の様々な植物や動物達を紹介してきた
伊豆を代表する観光施設のジャングルパークさんですが、この度、2003年9月30日をもって
閉園となりました。
桜家としても微力ながら応援してきましたが、時代の趨勢とは言え、本当に残念でなりません。
このページは、「思い出のページ」として残しておきます。
ジャングルパークスタッフの皆さん、長い間ありがとうございました。      2003年10月1日


伊豆半島の最南端「石廊崎」にある「ジャングルパーク」に行って来ました。
熱帯の植物と動物達に会える、そこはまさしく南国のジャングル。
さあ、ドキドキワクワクの体験にチャレンジ!!

ここが温室内の受付です。 さあ、いよいよ中へ行きましょう。 珍しい植物や果物が見つかったかな?
ゴムの木もありましたね。 カラフルで大きなインコです。 不思議な人形です。シンボルが…(@_@)
バナナやスターフルーツもありましたね。 これがあのパイナップルです。まだ赤い…。 どんどん奥へ。
これは誰でしょう? 可愛いですね。これもインコです。 中ではお土産も売っています。
ここにはリスザル達がたくさんいました。とても愛嬌があり、素早く飛び回るサル達に朱里や光里もビックリ。
ネットにカメラを近づけるとネットの隙間から手を出して触ろうとします。好奇心も旺盛みたいですね。
うっかり手を出すと噛まれるそうですので、気をつけましょうね。

 ジャングル内のハイビス喫茶では、期間限定で”あの”フルーツが食べれます。
 テレビでも話題のこのフルーツは、その名も「ミラクルフルーツ」です。
 このミラクルフルーツを食べると、すっぱいレモンがナントと〜っても甘くなるんですよ。
 話には聞いていましたが、ほんとにビックリ。全然酸っぱくないんです。
 
 このフルーツのふしぎ体験の様子をちょっとだけご紹介。→→こちらへどうぞ

 2002年12月より体験場所がプルメリア売店(旧レストラン跡地)に変わりました。
さあ、この動物は「ミーアキャット」です。とてもひょうきんな動物で、私たちが行った時は、ちょうど木の上に登っているところでした。
その木の上で後ろ足だけでまっすぐに立ち、辺りをきょろきょろ。
それを見ていた朱里と光里。おもわず「あっち向いてホイ!」と指をさすと、まるでミーアキャットがそれに合わせてゲームをしている
ように、右を見たり左を見たり。これには二人とも大受け。ゲーラゲラ笑いながら遊んでいました。(^O^)/
さあ、そろそろ終わりかな〜? 南の島にある建物みたいですね。 おっと、椰子の実のジュースです。
外へ出ました。チュウチュウトレインです。 帰りはこれで入り口まであっという間。 はい、ポーズ。
楽しかったね、ジャングルパーク。


伊豆半島の一番南端石廊崎の、またまた最南端にあるジャングルパーク。

「朱里と光里は何が一番面白かったかな?」と二人に聞くと、迷わず「ミーアキャット!!」と答えていました。
よっぽど楽しかったらしい…。(^o^)丿

「でもね、本当のジャングルみたいですごかったよ。」とは朱里の感想です。

私若旦那と若女将はなんと言っても「ミラクルフルーツ」でした。超驚き、の体験でした。(^O^)/

ところで、この植物園を出たところから歩いて3分で、石廊崎の灯台に行くことが出来ます。
灯台の様子はまたの機会に…。


 <ジャングルパーク入園料> 大人900円 小学生以下450円
 <営業時間>          午前8時30分〜午後5時20分まで
 <チュウチュウトレイン>    別料金(要問い合わせ)

 <お問合せ>          石廊崎ジャングルパーク TEL 0558−65−0050
ここジャングルパークは決して新しい施設ではありませんし、アミューズメントパークのような
派手さもありません。ただし、園内の係の方々はとても親切ですよ。





夏休みイベント 「君はカブトムシの王様を見たか!南の国の昆虫展」のページへジャンプ

ミラクルフルーツ不思議体験のページはこちら

--------------------------------------------------------------------------------

◆行ってきました、伊豆の観光と探検 観光地・観光施設編 トップページ

◆行ってきました、伊豆の観光と探検 観光イベント編


 トップページ  施設案内  宿泊料金  ご予約  交通案内  情報  Link  English サイトマップ


Copyright 2000/2003 Pension Sakuraya All Rights Reserved