リピーターの多いペンション桜家♪

 トップページ  施設案内  宿泊料金  食事  空室案内  ご予約  交通案内  情報  リンク  English  サイトマップ
クリック

◆伊豆下田・白浜海岸・海の見えるペンション桜家 3歳以下無料!




南伊豆町の海水浴場といえば弓ヶ浜が有名ですが、この逢ヶ浜はその隣にあります。
 

 

下田市内から車で約20分、白浜の桜家からだと車で30分ぐらいです。

南伊豆から西伊豆にかけては、海に点在する独特の形をした岩が多く、白浜などの海水浴場とはまた違う景観が楽しめます。

私自身、ここへはこれまでも何度も行ったことはありますが、今回初めてシュノーケリングをしてきました。

思っていた以上に魚もたくさんいて、ビックリの遭遇も体験!

そんな逢ヶ浜をご紹介します♪
  
 地元の漁業権を持たない人の伊勢えびや貝類(サザエ、とこぶしなど)の採取は法律で禁止されています!絶対に止めましょう!



白浜からだと、国道135号線で下田市内へ行き、そのまま国道136号線を使って南伊豆町へ行きます。

まずは、下田市内からの行き方を写真でご案内しましょう。

弓ヶ浜へ行ったことのある方は、途中をパスしてこちらへジャンプ!




国道135号線を熱海、伊東、河津方面から南下して来て、白浜海岸と外浦海岸を過ぎて下田港まで来たところです。
この交差点を左折すると、シュノーケルポイントの恵比須島九十浜爪木崎に行きます。(リンクは新しいウィンドウで開きます♪)

南伊豆町へは直進です。






下田の港を左手に見ながら進みます。

このすぐ先に道の駅「開国下田みなと」があります。道の駅には土産物店や食事処、回転寿司、そして下田市観光協会があり、手前の「まどが浜海遊公園」のどちらにも無料の駐車場やトイレがあります。




下田市内の真ん中、「東急ストア下田店」のある交差点です。この交差点を右に行くと「伊豆急下田駅」がすぐそこにあり、その手前には「下田ロープウェイ」があります。




この信号の左は下田市内で一番大きな通り「マイマイ通り」で、下田市民文化会館や、了仙寺、水族館へ行けます。 南伊豆へは直進です。





南伊豆町へはこの先の信号を右です。

左折すると、あじさい祭で有名な下田公園やペリーの上陸記念碑があり、水族館や伊豆諸島へのフェリーが出ている「神新汽船」へ行くことが出来ます。




この信号は、「多々戸浜」への入り口です。 ここも直進。





分かりにくいですが、左側に「入田浜」への入り口があります。





入田浜への入り口を過ぎてすぐのところです。 

向こうにファミリーマートが見えますが、この交差点を左折すると、「吉佐美大浜海水浴場」やサンドスキー龍宮窟のある「田牛海水浴場」へ行けます。

南伊豆町へは直進です。 左折して田牛からでも行けますが、かなり遠回りになります。





セブンイレブンのところまで来ました。

弓ヶ浜方面ではここが最後のコンビニです。(実際には交差点を右折したところにもひとつありますけど・・・。)





セブンイレブンを過ぎてすぐの「日野」の交差点です。

左側には小学校があります。 この交差点を右折すると、下賀茂温泉があり、ヒリゾ浜への渡し船が出る「中木」へ通じています。

弓ヶ浜と逢ヶ浜へは直進です。

実は、この「日野」の交差点のところは、「みなみの桜と菜の花まつり」の会場への入り口でもあります。
 




2月から3月の終わりぐらいにかけては、ご覧のような菜の花畑が見れるんですよ♪

実際には、この写真で見ている数倍の広さです!





日野の交差点の次の信号です。

右折すると石廊崎を経由して中木へ行けます。

弓ヶ浜と逢ヶ浜へは直進です。




弓ヶ浜の地区内に入ってきました。そのまま直進。




道なりに進みます。





あの大きな建物は、以前は「共立湊病院」と言って、下田・南伊豆で一番大きな病院でした。

今はあの建物は使われておらず(?)、敷地内に小さな診療所「みなとクリニック」があって、内科の診療をやっています。
 



休暇村南伊豆です



いよいよ弓ヶ浜が見えてきました。




ここを左折します。




この写真を撮ったのは9月なので、まだまだ泳いでいる人がいましたよ。




海水浴場を左折したところです。実は左側に駐車場と売店とかトイレとかがあります。





地図がありました。「現在地」のところにいます。逢ヶ浜はもうすぐです。




地図のあった場所から少し進んだところで後ろを振り向いてみました。右側に駐車場、分かります?




さぁ、先に進みましょう♪




旅館「〇文」さんのところで、道が突き当たりになります。




看板がありました。ここを右折すればもうすぐです。




進んでいきましょう。




なんだか、山の中に入っていくような・・・。

気にせず、どんどん直進です。




ペンションがありました。ここを右へ直進!




海が見えてきましたよ!




到着しました。ここが「逢ヶ浜」です。

この先のところでシュノーケリングをしますが、この先には車を置けるところはありません。夏のシーズン中なら有料で駐車できるのかな?






なので、すぐ目の前の駐車場に車を停めました。

この駐車場は夏のシーズン中は有料(1,500円)ですが、9月の終わりに行った時は無料でしたよ。




駐車場から歩いてきました。





浜の目の前に東屋があり、その向こうにトイレとシャワーがありますが、私が行った時は閉まってました。

夏のシーズン中だけなんでしょうね。




規則はちゃんと守りましょう。




ここの浜はライフセーバーなど監視をしてくれる人はいません。
海に入るのは自己責任になりますので、十分注意して泳いでくださいね♪





いよいよ浜へ来ましたよ。
ここは浜と言っても、砂浜ではなく、小さな石や大きな石がゴロゴロしています。

あれっ?この子はだぁれ?




海に向かって右の方を見ると、向こうに弓ヶ浜の白い砂浜が見えます。




逢ヶ浜の奥には階段があります。田牛へ通じる「タライ岬遊歩道」への入り口です。




向こうに面白い岩が見えますね。




いわゆる奇岩と言われるもので、「エビ岩」と呼ばれている様です。




おや?また小さな子供が?




この辺りは潮が引いている時なら、磯遊びに最適!透き通った水がきれい!




でも、こんな海が荒れて波が高い時は危ないので、海には入らないようにしましょう!



さぁ、いよいよ海の中へ♪





早速、縞々のお魚がお出迎え。

本当はその前にイカがいたのですが、ささっと逃げられてしまい、写真撮れず。




これは「オヤビッチャ」ですね。





下田や南伊豆で見かけるオヤビッチャは「幼魚」で、沖縄などでは15センチぐらいになったものを食用にしているそうな。

煮たり、焼いたり、唐揚げとかで食べるそうで、白身で美味しいとか。

知らなかった・・・。




これもよく見かけるけど、名前が・・・。




左端の魚はあまり見たことない。




こっちにもオヤビッチャ♪




真ん中にいるのは「タカノハダイ」。これも食べれるそうですけど、美味い、不味い、臭い、など意見が分かれるようで。

ちゃんと処理をすれば、塩焼きで美味しくいただけるらしい。




この魚、初めて見ました。名前は不明です。




「カゴカキダイ」の幼魚です。下田や南伊豆ではよく見かけます。

これ、大きいものは20センチぐらいになるとか、白身で美味しいらしい。




シュノーケリングをしていたら声が聞こえたので、見ると、シーカヤックをやっている人たちでした。




フグちゃん♪




サヨリかな?




岩場の影でよく見かける小さな魚たち。




黄色っぽいのは「チョウチョウウオ」の幼魚。たぶん、5センチぐらい。
大きいものは20センチになって、これも食用らしい。



あっちこっちと泳ぎまわっていたら、岩の向こうに魚の群れが。




これはボラか?たくさんのボラが集まって海の底を突っついてた。




こっちに気がついて、逃げ出した!




こんなにいっぱいのボラの群れは初めて見た!





うわぁ、いるはいるは!圧巻です!





で、後ろを振り向いたら、小さな魚の群れ。




キビナゴですね。これは美味い魚です。(笑)




そしてウツボが登場!




可愛くない・・・。






そして、今回のメインイベント!





ボラを追いかけている時にふと遠くを見たら・・・











最初は、何の魚が泳いでいるのか分からなかったんです。




サメだと認識した瞬間、少しビビりましたが、大きさは多分5、60センチぐらいかな?

水族館で見たことあるサメです。

ネットで調べたら「ネコザメ」はとっても大人しいサメだそうで・・・。

これまで何十回もシュノーケリングをやりましたが、サメとの遭遇は初めて!

スーッと向こうへ泳いで行くので、追いかけたのですが、追いつけず。

もう少しはっきりとした写真を撮りたかった・・・。






気が付いたら、1時間以上ずっと海に入ってた。

9月はやっぱりシュノーケリングに最高の時期ですね、水は温かいし。

この日はこの後用事があるので帰ることにしましたが、想像していた以上にたくさんの魚に会えてとっても満足。

今度は、もっとゆっくり時間をかけて遊びに行きたいです。






ところで、この子、実はうちの長男なんです。

今回、このページを作るにあたり、浜の様子を撮った画像を探していて、ハードディスクの中にずっと前に長男を連れて逢ヶ浜へ行った時の画像を見付けたんです。

でも、それは2006年のこと。

今ではこの子は中学生なんですよ。

あまりにも懐かしくて載せちゃいました。





ちっちゃ!

あんな頃もあったのよねぇ・・・ (笑)








◆行ってきました、伊豆の観光と探検 観光地・観光施設編 トップページ

◆行ってきました、伊豆の観光と探検 観光イベント編 トップページ  

 伊豆白浜写真館「桜家」
伊豆白浜写真館「桜家」
のページへ


白浜海岸の海水浴情報のページです。




 トップページ  施設案内  宿泊料金  食事  空室案内  ご予約  交通案内  情報  リンク  English  サイトマップ

ぺんしょんさくらや
 〒415-0012 静岡県下田市白浜2584-20
TEL 0558-23-4470 FAX 0558-27-2130
 




白浜海岸徒歩4分・海の見えるペンション桜家


Copyright(C) Pesnion Sakuraya / izu-sakuraya.jp All Rights Reserved
サイト内の画像の著作権はペンション桜家にあります。
加工、2次配布等も含めて、無断で使用することはお断り申し上げます。