リピーターの多いペンション桜家♪

 トップページ  施設案内  宿泊料金  食事  空室案内  ご予約  交通案内  情報  リンク  English  サイトマップ





昨日の夜は雨が降っていましたが、一夜明けて今日は晴れ。
予定では朝の6時に出発することにしていましたが、昨晩寝たのが3時頃だったので、当然起きれず。
8時頃に起きて顔を洗い(結局シャワーは使わなかった。)、9時前に出発しました。
本当なら9時には今日の第一目的地に着いている予定だったんだけど・・・。(笑)




今日のルートは、新東名の岡崎サービスエリアから大阪へ。

新名神高速を使って京都経由で大阪へ行くの方がひょとしたら早いのかもしれませんが、せっかくなので奈良を経由して泉大津港へ行くルートにしました。

勇輝の中学校の修学旅行では奈良と京都に行くはずなので、奈良のメジャーな観光地ではなく、明日香村を見学してから行こうかなと。

ただ、やっぱり予定通りにはいかないんですよねぇ・・・。




新東名を下りて伊勢湾岸道路を走ります。これは矢作川を渡る橋です。




四日市という名前が出てきました。この辺りは車も少なくてスイスイです。




また別の橋です。いくつもの橋を渡り伊勢湾を越えて行くんですね。 東京の湾岸道路と同じような感じです。




「あれってロゴランドじゃない?」

今年の4月にオープンしたテーマパークですが、当初予定していたより来場者が少ないって話をどこかで聞きました。やっていけるのかな?




いよいよ三重県に入ります。

三重県といえば、大学時代の友人が三重出身で彼の実家に遊びに行ったことがあります。
当時は「美杉村」といって、すっごい山奥に彼の家があり、お隣さんの家まで数キロ離れた様なところなんですね。
村のお豆腐屋さんが作った木綿豆腐がすごく美味しかったのをよく覚えています。
懐かしいなぁ・・・。




左手にナガシマスパーランドが見えてきました。いろんな種類のジェットコースターがあるんですよね
一度も行ったことありませんが、絶叫マシンの好きな人には楽しいところでしょう。
我が家の長女なら喜ぶな、絶対。。。




時間は9時50分。岡崎を出てまだ1時間も経っていないのに、トレイ休憩です。(笑)




湾岸長島PA(パーキングエリア)です。




トイレの後、例によって、中を見学。 こんなことしているから時間がかかっていつまでたっても目的地に着かないんですよねぇ。
でも、これも楽しみの一つではありますから。(笑)




なぜか岐阜のお土産? まぁ、近いといえば近いのかな?




カーナビがこの「みえ川越」インターで降りろというので、よく分からないまま従ったのですが、そしたら一般道?に出ちゃって、普通に町の中を走ることに。
ほんとは、湾岸道路を四日市インターまで行って「東名阪自動車道」に乗った方が早かったんじゃない?
カーナビって、こういうところがあるのよねぇ。だから言うことを鵜呑みにしないほうが良かったりするんだわ。




国道23号線で四日市市まで来ました。この後渋滞にはまる、の巻。




よく覚えていないんですけど、この少し先から右折して「東名阪自動車道」へ行ったはず。




ちょっと雲行きが怪しくなってきました・・・。




名阪国道を通って伊賀市に入ってきました。その前のトンネルに入るところに「道の駅伊賀」の看板があったので止まろうと思っていたのですが、トンネルを出てすぐに目に入ってきたのが「伊賀ドライブイン」の大きな看板。

「おぉ、これだ!」と駐車場に入ったら、どうも様子が違うっぽい。

「これが道の駅かなぁ?なんか古い感じしない?」

と言いつつ、トイレ休憩だからいいか、と中へ。




中では例によっていろんなお土産が並んでいました。

伊賀だからやっぱり忍者なんだろうけど、う〜ん。




こんな名前の焼き物があるんですか・・・。




陶器とか、よく分からないのですが、とりあえずパチリだけ。




ひと昔前、テレビとかで盛んにやってたな。飲んだことないけど・・・。




おっ、今まで寄り道したドライブインとかにはなかった「お好み焼き屋」がありました。さすが関西!(って、三重県って関西か?)
関西では、お好み焼きのご飯セットとかご飯付きの定食みたいのがあるんですよね。
私なんかの感覚では、お好み焼きでご飯は食べる気しないけどねぇ。




お好み焼きと焼きそばのでっかい見本。 ずいぶん年季が入ってました。

ネットで調べたら「建物は古いけど、食事はボリュームがあってコスパは良い。」というコメントが多かったな。

でも、トイレが古過ぎて、今どきの女性にはうけが悪いかもねぇ。




伊賀市を通りすぎて、名阪国道は奈良へ向けて山の中を走ります。
すると、道の両側に赤茶色に染まった木々が見えてきました。

「これって紅葉じゃない?」

そういえば、この時期って、紅葉の季節なんですね。伊豆の山々では見られない景色を眺めながらドライブです。




標識に「飛鳥」の文字が出てきました!いよいよ今日の一つ目の目的地が近づいています。

が、その前に腹ごしらえ・・・。




せっかく関西を通るので、お好み焼きを食べなくちゃ、と思っていたのですが、さすがに、大阪市内とかまでは行く時間がないので、奈良市内と明日香村の間ぐらいで探して見付けたのがここ。




この店に行く時も、うちの車のカーナビが通行不可能な道路なんかを指定するからえらい目にあった。
まったくもう!




ここでもご飯と味噌汁の付く定食をやってました。




お店の中。 最近今の場所に引っ越してきたらしいので、お店の中はきれいです。




ここへ来てやっと若女将と勇輝が登場!




私が宮崎に住んでいた頃、中学生だったか、高校生の頃だったか、宮崎に「とん平」っていうお好み焼き屋さんが出来たんです。

そこで生まれて初めてお好み焼きというものを食べたんですけど、それがめちゃくちゃ美味しくてねぇ。
いつも、お好み焼き二つに焼きそばも頼んじゃったりしてたっけ。

だから今でも自分であれやこれやと材料などを工夫してお好み焼き作るんですよ!




いやぁ、やっぱ、私にはお好み焼きとご飯の組み合わせは無理だわ・・・。




私はミックス玉で、若女将はモダン焼きを注文して勇輝と半分こだって。




待っている間に新聞を。 おぉ!当たり前だけど、関西のテレビ局の名前がずらり!



はい、きました。手前がお好み焼きのミックスで向こうがモダン焼き。

実は、テーブルに大きな鉄板があったので、

「これって自分で焼くのかな?うまく焼けるやろか?」

と心配していましたが、この鉄板は火を付けて温めておいて、出来上がってきたお好み焼きが冷めないようにするのでした。




モダン焼きのアップ。

食べた感想・・・

う〜ん、美味しかったよ。 確かに美味しかったけど、私が自分で作るのとそう大差ないなと思った。

それに、ソースが私には甘すぎるなぁ。。。

というわけで、食べてみたかったのを食べれたので良しとしよう!




さて、お好み焼きの後はもう一つのお目当て明日香村に来ました。

が、今日は祭日だからでしょうか、めちゃくちゃ人が多い!

本当は「飛鳥資料館」を勇輝に見せてあげたかったけど、駐車場はいっぱいだし、というか、時間が予定よりずっとオーバーしていて、明日香村で滞在できるのはせいぜいあと30分。

なので、資料館は諦めて・・・、




とりあえず、石舞台古墳を車の中から拝んでおしまい。

残念だけど、まぁ、「明日香村に行ってきた!」ということで、よしとしましょう。(笑)




明日香村のセブンイレブン。さすがに環境に配慮してあの派手な色使いはしていませんね。

おっと、只今の時間は午後2時55分。

フェリーの乗船時間は4時30分。 ここから泉大津市まで1時間弱かかるので、急がなくちゃ!




葛城市から「南阪奈道路」を通り、「阪和自動車道」を経由してようやく「泉大津」の文字が見えてきました!




よしよし、まっすぐですね。




自動車道を降りました。えーっと、まっすぐか?




ここで「港」という文字に惑わされて右へ行っては行けません。
泉大津港の先に関西空港があるはずなので、左折します。(というか、ナビもそう言ってる!)




おぉぉ、フェリーのりばの文字が出てきたぞ!




港にかかる橋を渡っていたら向こうに船が見えた!船体に「Hankyu Ferry」の文字が!




「すご〜い、あんなに大きいの?」 「でっかーい!」

若女将も勇輝も今回乗るフェリーのことはほとんど知らないので、あの船の大きさに驚いたみたい。(実際のところ、私も少しビックリしたよ。)




ここで左折します♪




ようやく着きました!ここが今日の最終目的地「阪九フェリーのターミナル」です。 只今の時間は午後4時。 到着時間だけは予定通りでした。

さて、中に入って乗船手続きをしなくては・・・・・。



つづきはこちらからどうぞ♪




◆行ってきました、伊豆の観光と探検 観光地・観光施設編 トップページ

◆行ってきました、伊豆の観光と探検 観光イベント編 トップページ
  

 伊豆白浜写真館「桜家」
伊豆白浜写真館「桜家」
のページへ

 トップページ  施設案内  宿泊料金  食事  空室案内  ご予約  交通案内  情報  リンク  English  サイトマップ
  
「伊豆・白浜海岸・ペンション桜家」 〒415-0012 静岡県下田市白浜2584-20
TEL 0558-23-4470 FAX 0558-27-2130
Copyright (C) Pension Sakuraya All Rights Reserved