2015/02/12 桜家の自家製「ビワの葉茶」

150212tea01ビワの葉茶を作りました。

桜家の庭には、2本のビワの木があるのですが、ビワの葉茶を作るのには「大寒」の頃の葉が良いということなので、今月の4日に葉っぱを採取して作り始めました。

お茶の葉を作るのに一番大変なのは、葉っぱの裏の産毛を取る作業。

この産毛を飲んでしまうと、喉の粘膜がやられて150212tea03しまうそうなので、葉っぱを流水で洗いながら、歯ブラシでこそげ落とすのですが、これがえらいこと時間がかかるんですよね。

もっとも、今回、採取した葉っぱの量が多すぎたから、ということもありますが。

その後、はさみで細かくカッ150212tea04トして天日で干します。

完全にカラカラになるまで干さなくても、お茶を作ることは出来るのですが、出来上がった後の保存のことを考えたら、しっかり乾かした方が良いようです。

このお茶は、糖尿病や動脈硬化、骨密度の低下の予防から、抗がん作用や整腸作用などなど、たくさんの効能があるそうで、しかも、ノンカフェインだし、なによりほんのりとした甘みがあってと150212tea05っても美味しいんですよ。

我が家はみんなこのお茶が大好きなんですよね。

今回、とってもたくさん作ったのですが、毎日みんなで飲んでいるとすぐになくなりそうなので、また作っておこうかな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です