カテゴリー別アーカイブ: 自然

2017/03/24 南伊豆の菜の花畑

今日は午後から南伊豆町へ行ってきました。

というのは、私がお世話になっている合唱団で、弓ヶ浜の近くの養護老人ホームを慰問することになっていたからです。

日本の唱歌を12、3曲ほどを歌ってきましたが、施設に入っている方々も一緒に歌ってくださったりして、楽しんでいただけたようで、私たちも嬉しかった。

で、その帰りに、下賀茂の菜の花畑の様子を見にちょっと寄り道。

辺り一面に広がる満開の菜の花は本当に見事の一言ですね。

Facebook やってます♪

 

2017/03/20 桜家の庭のビワの木

この連休は思いもかけず忙しかった。

勇輝の卒業式のあった金曜日のお昼頃までは、この週末の予約はゼロだったのですが、その後から、少しずつ予約が入り、昨日は当日予約のお客様もいたりして、バタバタと忙しい3日間でした。

昨日の夕方ふらりとやってきたお客様、アラスカにお住いで、約10日間の予定で日本に来られたそうなのですが、東京に数日滞在していたものの、都会がいやになって下田に来られたとか。

ところが、下田市内はどこもいっぱいで泊まるところが見つからず、ネットで探したら桜家に空きがあったのを見つけて直接来たらしい。

また、昨晩止まられた男の子3人を連れたご家族は、本当は昨日沼津の深海水族館に行きたかったそうですが、行ってみたら、ものすごく混んでいたので、今日、改めて行くとおっしゃっていました。

それにしても、この連休は天気予報も良かったし、気温も上がって春らしくなり、また月曜日が祝日ということもあったのでしょうけど、急に予約が増えると大変なんですよねぇ、いろいろと。

まぁ、こういうのは時々あるので、慣れてはいるのですが・・・。

さて、今日の写真は桜家の庭のビワの木です。

ビワの実が小指の先ぐらいまで大きくなってきました

あと2か月もすれば食べれるようになるんですけど、このビワの収穫の時期になるともう夏も目の前なんですよねぇ。

あぁ、そうやって考えると、なんだか落ち着かなくなってくるので、考えるのはよそうっと。(笑)

Facebook やってます♪

 

2017/03/18 連休初日は春の陽気

今日の白浜は、午前中は日差しも暖かくて春らしい陽気でしたが、午後になって雲ってしまいました。

お昼前、回覧版を届けに行ったついでに国道への坂の途中で海の写真をパチリ。

いわゆる春霞みというんでしょうか、スキッと晴れたお天気ではありませんでしたが、最も春らしい空模様でした。

その帰りに、今度は桜家の庭で花たちの写真を。

少しずつ気温が上がり、春の花たちも目覚めてきたようです。

明日は、今日と同じ南西の風ですが、気温は今日よりずっと上がって20度近くまで行くかも?の予報。

この連休は、割とたくさんの観光客が下田へ来ているようなので、明日は観光日和になってくれそうで、本当に良かった。

Facebook やってます♪

 

 

2017/03/16 昨日は伊豆の天城で雪!

春のお彼岸は来週の月曜日ですが、我が家は昨日の夕方、勇輝が学校から帰ってくるのを待って、先代のオーナーのお墓参りに行ってきました。

この間の日曜日から実家に戻ってきている次女がこっちにいる間に、ということで、少し早めの墓参でした。

で、その後はみんなで食事に行ってきたのですが、私はそこでしこたま飲んでご機嫌さんになり、結構酔っぱらってたので夜の9時過ぎには寝たのでした。

ところが、夜中の1時頃にトイレで目が覚めてからというもの、寝れなくなってしまい、結局朝まで起きてました。(笑)

で、今朝は勇輝を学校まで送った後で、強烈な睡魔に襲われてフラフラ状態からそのままバタンキュー。

午後2時過ぎには起きたのですが、それから風呂に入り、ストレッチをして晩御飯を作り、夜には合唱の練習に。。。。

というわけで、今日は昼間写真を撮れなかったので、昨日の天城の様子をアップしてます。

関東地方では雪が降るかもと言われていた昨日の朝は、都内では最低気温が3度だったようですが、白浜では5度。

でも、やっぱり天城や箱根では積雪があったようですね。

一枚目の写真は昨日の朝の天城峠の修善寺側、2枚目は西天城高原です。

3月も半ばというのに、すごいなぁ。

 

2017/03/14 夕方の空

只今の時間は午後10時半。

そとでは雨がポツリポツリと降り始めました。

今日の白浜は、朝の早い時間に少し雨が降りましたが、その後は一日曇り。

なんとも楽しくないお天気だったので、海の写真はなし。

その代り、夕方になって青い空が見えてきたところを桜家の2階からパチリと撮ってきました。

明日の朝は真冬並みの寒気が本州の上空に流れて来るそうですね。

伊豆はどうなるかな?

2017/03/09 白浜の海 朝と昼

下田は相変わらず西風の日が続いています。

今朝は、勇輝を送って行った帰りに白浜神社の裏の海岸で朝日の写真を撮っていたのですが、手袋を持っていかなかったので、素手でカメラを構えていたら、冷たい風で手が凍えそうだったので、さっさと切り上げてきました。

そして、午後からはまた今日も歩いてきました。

天気が良くて、空気も澄んでいるので、海が本当にきれい。

やっぱり雲っている時より、晴れている時の方が気持ちが良いですね。

予報では、明日まではまだ西風が吹くようですが、今度の週末は東寄りの風に変わるみたいです。

ところで、このところ夏の問い合わせが増えてきました。

夏のご予約はいつでもお受けできるのですが、夏のシーズン料金がまだ決まっていないので、もうしばらくお待ちください。

数日中にはHPにアップできると思いますので、よろしくお願いいたします。

今日の写真は7枚です。

桜家の Facebook でご覧下さい。

2017/02/28 キンメ電車が見れたよ♪

今日は年に1回のリサイクル当番の日。

ファミリーマートの隣にある白浜原田区の駐車場で月に2回リサイクルのゴミを出す日があって、朝の7時から8時まで当番の人が出るのですが、毎月の2回目がうちの組の当番で、今日は我が家がその当番なのに、今朝はめちゃくちゃ寒かった。

朝はまだ気温も低いうえに、今日の白浜は北東の風が吹き、しかもその風が冷たくて凍えそうでした。

そしてその後、私はバスでお隣の河津町今井浜の病院へ。

実は、前にもこのブログで書いたかもしれないのですが、昨年の10月から右手の肘を痛めていて、先月一度同じ病院に行っているのですが、4週間後の経過報告ということで行ってきました。

肘の方は、まだ完治はしていないのですが、前回行った時よりは症状が緩和してきているので、後は様子を見ましょうということに。

腱鞘炎みたいになっているので、治るのに時間がかかるんですよね。

で、病院では下田駅方面から今井浜の間の無料の送迎バスを運行しているので、帰りもそのバスで帰ってきたのですが、途中の河津町で、国道の橋の上から河津桜の様子をパチリ。

川沿いの桜はもうほとんど葉桜になってましたね。

平日ということもあったかもしれませんが、人通りも少なくて。

残念ながら今年の桜まつりは終わりかなぁ。。。

そして、午後からは下田へ買い物に。

蓮台寺駅の近くのホームセンターの2階の駐車場に車を停めたら、ちょうと下田行きの電車が。

これは伊豆急行が今年の2月4日から新しく運行を開始した「キンメ電車」。

外装は、金目らしく赤い塗装がしてあり、車内は、シートに金目鯛の絵が書いてあったり、車両ごとに沿線市町の特産品を紹介してあったり、3号車は金目鯛の博物館になっているとか。

一度乗ってみたいけど、こっちに住んでいると移動はもっぱら車なので電車に乗る機会がほとんどないんですよねぇ。。。

ところで、電車の向こうに河津桜が写っていますね。

蓮台寺は海沿いより気温が低いので桜の開花がゆっくりなんですよ。

キンメ電車についてはこちらのサイトで写真入りで紹介しています。

キンメ電車の運行時間はこちらでどうぞ。

 

2017/02/25 桜散る・・・

我が家の河津桜はもうほとんど葉桜になってしまいましたが。

白浜で満開を過ぎた河津桜も、昨日の嵐で桜の花びらがだいぶ散ってしまった様です。

本家の河津町では、駅周辺の桜は見頃から散り始めのようで、河津川上流や七滝周辺が見頃だそうです。

七滝の辺りは気温が低いので開花が遅いんですよ。

桜まつりが始まる前は、いつまで桜が持つか、と心配されましたが、予想した以上に花持ちは良かったみたいで関係者の方々もほっとされていることでしょう。

今日は夕方から久しぶりに外浦の神社まで足を延ばしてきたのですが、途中で見かけた河津桜も葉っぱが出た木が多かった。

ところで、朝方はまだ雲の多かった白浜ですが、午後になって青空が広がってきて、穏やかな天気が戻ってきた感じです。

この週末はイギリスから来られるご家族のお客様がいらっしゃるのですが、天気が良さそうで良かった。

でも、桜まつりで道路も混むんだろうなぁ。

Facebook やってます♪

 

 

 

2017/02/19 白浜の天草漁

テングサって、知ってますか?

伊豆半島では、古くは江戸時代から天草(テングサ)漁が行われているそうです。

天草は、寒天やところてんの原料となるもので、伊豆半島の中でも特に白浜は一時期全国でもトップクラスの水揚げを誇ったそうで、その量は全国の水揚げ量の40%にもなったとか。

今日の午後、例によって外浦海岸まで歩いてきたのですが、その帰り、時々出会う地元のおじいちゃんと一緒になりました。

場所は、1枚目の写真のところ、板見漁港の近く。

「今日は伊勢えび漁の船が出るんですね?今年の漁はどんな感じなんでしょうね?たくさん採れてるのかな?」

という話から始まり、いろいろと話をしていたら、

「ここの港はずっと前は砂なんかなかったんだよ。あの堤防ができてから砂がたまるようになってな。」

堤防の中の白く見える部分が砂です。

「砂がなかった頃は、でっかい魚がすぐそこで釣れてたもんだ。」

「今は魚が隠れる場所がなくなったから、いなくなってしまった。」

「そういえば、お父さんは何年生まれなんですか?」

「昭和の3年だからもうすぐ90だ。」

「え~っ!!とっても90歳には見えませんよ!」

「若い時は鉱山で働いてたんだけど、結婚してから女房がテングサを採るようになったから、鉱山は辞めて、船に乗るようになったんだ。」

鉱山とは、白浜と河津町の間にある縄地金山のこと。

縄地金山は、江戸幕府が開いた鉱山で最盛期には佐渡の金山と同じぐらいの産出量があったらしいけど、1973年に閉山になってます。

「奥さんは、地元の人なんですか?」

「いや、あそこさ。 え~っと、思い出せない・・・。」

「下田の須崎とか?」

「いや、全然違うさ。 そうそう、三重県だよ。」

「えっ? 三重県から来たの?」

「その当時、僕の嫁さんは稲取で天草漁をやってたんだ、面水でね。」

「面水って、海に潜る海女さんに船の上からポンプとホースで空気を送ってやるやつでしょ?」

「あの頃は、こっち(伊豆)で面水ができる人がいなかったから、三重県から来てやってたのさ。」

「それで、結婚した後は白浜で始めたんだ。僕が船の上で嫁さんが潜って。」

「一日漁をしたら、2万から3万の稼ぎになったんだよ。だから、鉱山はよした。」

90歳のおじいちゃんが若い頃の3万円だから、今の金額にしたら相当な収入じゃないかと。

それをたった一日で!

しかも、漁期は5月から10月までって言ってたので、当然毎日は出来ないでしょうけど、6か月のうちの半分、いや3分の1でも漁に出れれば、かなりですよねぇ。

ただし、相当な重労働だったと聞いたことがあります。

海女さんたちが、船ではなくて海辺から海に入って採っている頃は、体ひとつで海に入って漁をし、潜水病にならないよう1時間半までの時間と決められてはいたものの、その間ずっと採り続けるのはかなり大変です。

船で漁をするようになっても、海で採った天草は水を吸い込んでいるので非常に重く、浜に戻ったら、それを干場まで担いで行くのですが、場所によっては10キロも20キロも入った天草を背中にしょって、崖の様なところを担いで登って行く作業を何度もやって、相当大変だったらしい。

この写真に写っているような網で出来た「すかり」のようなものとか、籠などに入れて運んでいたそうですね。

(ちなみに、この写真に写っているのは天草ではなく、ヒジキです。 天草を干す時もこんな感じでやってます、のイメージ。)

ところで、白浜の年配の人に何度か聞いたことがあるのですが、昔の白浜は天草のおかげでかなり裕福だったらしい。

ちょっと調べてみたら、明治の半ばから昭和30年頃までは白浜の天草漁は村営で行われていたらしく、白浜の天草は品質が良かったので高値で売れたようで、その豊かな資金を使って、明治10年には尋常小学校を建設し、昭和11年には賀茂郡下唯一の講堂も建設したそうで。。。

おまけに、天草の売り上げのおかげで、税金はゼロ、どころか天草漁をやらない村民にまで配当金みたいなものがあったらしいです。

すごいですよねぇ。

ちなみに、天草から作る「ところてん」って「心太」って書くんですよ、知ってました?

そのところてんは伊豆でも作ってて、下田市内や西伊豆では製造販売しているところがあるし、民宿や家庭で作っているところもありますが、寒天は”現在”は伊豆では作っていません。

そう、昔は伊豆でも作っていたそうです。

このブログを書くのにネットであれこれと調べていたら。。。

場所は、石川さゆりの歌「天城越え」の歌詞に出てくる「寒天橋」ってありますよね?

この橋は天城の旧道にあるのですが、その橋から山の奥へ入ってしばらく行ったところに昔は工場があったそうです。

寒天って、冬に雪がたくさん降るような寒いところでしか作れないので、現在は長野県とか関西(京都辺り?)で自然の凍えるほどの冷たい寒気を使って作っているそうですが、昔は天城の山も相当に寒かったようで、だから作っていたんでしょうかね。

今は、天城の山でも雪が積もるような寒い日は少なくなったので、生産の効率が悪くなってやめちゃったのかなぁ?

Facebook やってます♪