2017/12/27 風待ち船

今日も白浜は西風の強い一日でした。

以前、何度もこのブログに書いたとは思いますが、今日のように西風の強い日は、伊豆半島の最南端の石廊崎では風速30メートルぐらいの風が吹くことがあるんです。

これはもうほとんど台風並みですよね。

実は石廊崎沖は関東と関西を行き来する航路になっていて、その数は一日に数百隻に上ることがあるんですが、今日のような強風の中を航行するのは危険ということで、白浜の沖合に来て、風が止むまで停泊するんです。

これが白浜の冬の風物詩で「風待ち船」と呼ばれています。

それらの船が夜に灯りをつけた光景はなんとも幻想的なんですよ。

Facebook やってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です