カテゴリー別アーカイブ: 観光施設

2022/01/18 高根山から寝姿山へ

今日の白浜は晴れ。空気も澄んで伊豆七島がきれいに見えていたので、今日は高根山に登ることにしました。

白浜のプリンスホテルの近くから山の方へ上って行き、山の中腹辺りにご覧のような登山口があります。

ここまでは普通の乗用車が通れる道になっていますが、ここから先は歩いて登ります。

すごい急な道を上るのですが、最近はあまり整備がされていないのか、足元が不安定なところが多いので、十分に気を付ける必要があります。

頂上にだいぶ近いところまで登ると、木々の間から白浜の海が見えるようになります。

頂上までやってきました。桜家からここまではちょうど6,000歩でしたね。

頂上からは白浜海岸と伊豆七島が見えます。

特に今日は島々がくっきりと見えていました。

海の向こうの島が、なんだか手が届きそうなくらいすっごく近くに見えるんですけど。。。

反対側には蓮台寺方面が見えて、実はここから富士山が見えるんですよ。

でも、今日は富士山のところにちょうど雲がかかっていたので全然見えず。。。

それよりも、今日は天気はすっごく良かったのですが、高根山の頂上は冷たい西風が真正面から当たるので、ゆっくり景色を眺める感じではなく、さっさと下山することに。

で、今日はここから寝姿山方面へ歩いて行きました。

以前、白浜の地元のおじいさんに聞いた話では、今80歳ぐらいの人が若い頃は、白浜の高校生が蓮台寺にあった高校へ行くのに、毎日高根山を越えて歩いて行ったそうな。

この写真がその道なのですが、当時はちゃんと整備をされていたのでしょうけど、今は道路脇の石垣も崩れてしまって。
それでも、この場所はまだ良い方で、ひどいところだと道そのものが、どこに道があるのか分からないくらい荒れてしまっているんですね。

で、この道はハイキングコースになっていて、寝姿山まで続いていることになっているのですが、それも途中で道が消えちゃっていて、初めて来た人なら完全に山の中に迷うぐらい荒れちゃってます。

そんなひどい道を歩いて寝姿山までやってきました。この山は頂上が平たんになっているので、ご覧のように、桜の木やいろんな花が植えてある自然公園になっています。

今から20年以上前。白浜で10センチぐらい雪が積もったことがあって、そこらじゅうが雪だらけになり、あまりに嬉しくなって、子供たちを連れてここまで来て雪遊びをしたことがあります。

あぁ、懐かしや。。。

寝姿山のとある場所からは、下田の港を見下せる場所があります。

ちょうど、大きなキンメ船(?)が港に入ってきているところでした。

この場所は、今日みたいに西風が強い時でも風があまり当たらないし、日当たりが良いので、しばらく休んでから桜家に戻りました。

今日のウォーキングは3時間ちょっと。16,000歩でした♪
 
FacebookInstagram やってます♪

2022/01/05 白浜神社に初詣

昨日の夜、我が家の新年会をやって結構飲んだので、今日になってブログにアップしています。

この舟盛りは、お正月にお客様にお出ししたもの。
この年末年始にはたくさんの舟盛りをご注文いただき、お客様には大変喜んでいただきました。良かった♪

さて、昨日は、お正月最後のお客様がチェックアウトされた後、客室の掃除を済ませてから白浜神社に初詣に行ってきました。

今年のお正月は、3が日が終わって4日から仕事始めの人も多かったようで、昨日は白浜神社に参拝している人も少なかったですね。

我が家の場合は、皆さんのお正月が終わってからが「お正月」なので、いつも静かな神社にお参りなんです。

参拝した後、神社裏の海へ。。。

昨日は雲ひとつない快晴。昼間は暖かかったです♪
 
FacebookInstagram やってます♪

2021/11/17 道の駅「天城越え」

昨日の夜は少し雨が降っていましたが、今日は朝から晴れ。

そして今日も三島方面へ、腰のリハビリに行ってきました。

病院に行く前に天城の道の駅「天城越え」に寄り道。
この木は、ここへ来た時に毎回写真を撮っていますが、遂に紅葉のピークを越えてしまった感じ。先週の方がもっと綺麗だったから。

そして、今日はここの隣の森の中へ行ってみました。

綺麗です。

地面に落ちた紅葉の葉っぱに日が差して輝いてました。

辺り一面、真っ赤です♪

FacebookInstagram やってます♪

2021/11/09 昇仙峡に行ってきました♪

先週末、桜家さんをお休みにさせていただいて、長男と若女将と3人で山梨県へ行ってきました。

目指したのは、甲府市の北側にある「昇仙峡」。紅葉が見頃だというので。

——– 引用:昇仙峡観光協会のHPより —————————–
昇仙峡は、国の特別名勝にも指定されており、「日本一の渓谷美」といわれ観光の名所にもなっています。 長い歳月をかけて削り取られた花崗岩の断崖や奇岩・奇石と清澄で豊富な水の流れをみることができ、渓谷沿いに整備された遊歩道では、四季折々で変化に富んだ渓谷美を間近で楽しめます。

まずは、上流の方、昇仙峡の一番奥にある市営?の駐車場に車を停めたのですが、まぁ、車と人の多いこと!
それでも、紅葉がまだいまひとつだったので、あの日の混み具合はそれほどでもなかったはず、道も空いてたし。たぶん、今月の13日か20日の週末なら、道路も渋滞の激混みだと思います。

で、駐車場からみやげ物屋さんとか食事処がずらっと並ぶ通りを歩いて、入り口まで来ました。

この鳥居のところから歩いて行くのは、片道約2キロほどの「お散歩コース」です。ここからなら、ずっと下りなので、歩くのがすごく楽なんですね。

階段を降りてすぐのところに「仙娥滝(せんがたき)」があります。ちょうど日差しが当たって虹が出てた!

その滝を写真に収めようと人がずらり。

こんなところを歩くなんて、秘境感ワクワク!

でっかい岩がゴロゴロしてました。この辺りにも紅葉の木がたくさんあったのですが、まだ色づいてなかった。

これが巨大な花崗岩に囲まれた石門(天然アーチ)です。

反対側から見た様子。実は、左側の岩とその真上の岩はくっついていないんです。そう、隙間があるんです!

しばらく歩いて行ったら、真っ赤に染まった木が見えてきました!

わぁー!っと、おもわず、声が出てしまった。

絵になりますねぇ♪

紅葉がピークの時なら、たぶんここは真っ赤だな。

少し緑が混ざっているのも、それはそれでなかなか良い♪

そして昇仙峡のメインスポットに到着!

ここが有名な「覚円峰(かくえんぽう)」です。

写真では伝わらないと思いますが、あの真ん中の岩。すっごく高くて、その景色の美しさに声も出ないほどでした。

ここまで下りの道を歩いてきましたが、若女将はひざの調子がいまひとつなので、長男と二人はここからもう少し先まで下りを歩くことにして、私だけ今来た道を戻って車を取りに行くことに。

ここは宿泊した山中湖です。昨晩雨が降ったようで、富士山の雪が増えてました♪
この後は、山中湖から富士吉田市、そして富士山の周りを富士山を眺めながらのドライブ。ぐるっと回って、富士宮市から富士市を経由して下田へ戻ってきました。

昇仙峡の自然と紅葉、そして滅多に見れない富士山を、しかも真っ白な雪をかぶった富士山を堪能できた週末でした。

FacebookInstagram やってます♪

2021/10/26 白浜神社「例大祭」は28日から

昨日の夜はほとんど嵐の様でした。風も強くて、危うくテラスのテーブルが吹っ飛ぶところでした。

その雨も朝には上がり、今日は晴れてくれて気温も上がりましたね。

午後1時頃の外気温は21度。
出かける時に、寒いといけないからとトレーナーの上に薄手のダウンの上着を着て行ったら、まぁ、暑いこと。

ところで、今月は白浜神社のお祭りの月。

用事で出かけたので、白浜神社に寄り道。

お祭りは28日からの3日間ですが、今年も昨年同様コロナの関係で神事のみだそうです。

FacebookInstagram やってます♪

2021/10/23 日差しは暑かったけど・・・

これは、今日お泊りのお客様にお出しした舟盛りです。
9月の終わりから伊勢えび漁が始まったので、自前の船を持っている地元の魚屋さんが伊勢えびも盛り込んでくれました。伊勢えびは明日の朝の味噌汁に♪

(あ、舟盛りのネタの指定は出来ません。舟盛りはその日に水揚げされた魚で作ってもらうので、伊勢えびがいつもあるわけでもないですし、伊勢えびがあってもご注文の値段によって乗ってこないこともありますので、その点はあしからず。<(_ _)>)

今日は地元の自治会の中間監査の日。私は会計を担当しているので朝から白浜神社近くの集会所へ行ってきました。

監査が無事に終わり、その後で神社の裏手の浜へ。

今日の白浜は晴れ。空気も澄んで伊豆七島までくっきりと見えていましたよ。

日差しも強くて、日なたにいると暑いくらいだったのですが、集会所の中にいてずっと椅子に座っていると、窓から入ってくる風が冷たくて寒かったぁ。

今日は風はあまり強くありませんでしたが、明日はまた北東の風5mなので、そこそこ風が強くなる予報です。

FacebookInstagram やってます♪

あの大島の上に雲があれば、もうちょっと「絵」になったのになぁ。。。
  

2021/03/29 下田の桜も

用事があったので、午後から下田へ行ってきました。

用事を済ませた後、桜の様子を見に下田市内を流れる稲生沢川へ。

若女将の話では、一週間前はまだチラホラと咲いている程度だったそうですが、今日はほぼ満開でしたよ。

川の向こう側の寝姿山にある下田城。

本物ではありませんが、以前は観光施設としてお客さんが来ていたような記憶があります。

でも、今はもう廃墟に。寂しいですね。。。

こちらは下田へ行く前の今日の海の様子。結構高い波が来ていました。

こちらは、午前中に白浜の郵便局に行った時に撮ってきた白浜中央海岸です。

今日は雲が多かったので、意味の色がいまひとつでした。

2021/03/08 登呂遺跡とふじのくに地球環境史ミュージアム

今日の白浜は朝から雨。

おまけに冷たい北東の風だったので、寒い一日でした。

今の季節は、数日おきに天気が変わり、気温も変化するので体調管理が難しいですね。

さて、6日の土曜日に静岡市まで行ってきました。

お客様はいなかったし、仕事以外のことで私がず~~っと頭を悩ませていた件が落ち着いたので、気分転換を兼ねて、歴史が好きな長男のためもあって、ちょっとした博物館めぐりをしてきました。

2枚目の写真は、静岡市内から見えた富士山です。
事前の天気予報では、土曜日は雨とか曇りとか言われていたので期待していなかったのですが、少しだけ富士山が見れて嬉しかった。

博物館のひとつ目は「登呂遺跡」です。ずっと前から一度行ってみたかったところ。

初めに博物館の中へ。これが有名な竪穴式住居。

中に入ってみると、ほとんど当時と同じような造りになっていました。

遺跡から発掘されたものも展示されています。

博物館の屋上は展望台になっています。

写真のちょうど真ん中あたりに遺跡が写っているのですが、この場所が静岡市内のほぼ市街地にあるのが不思議な感じ。

というか、昔、人が住んでいた場所に今も人が住み続けているということなんですけどね。

で、写真は撮ってないんですけど、本当はここの右の方に富士山が見えるのですが、あの時間は雲に覆われてしまって、その姿を拝むことは出来ませんでした。

博物館を出て、復元された住居へ。真ん中の道の両脇は弥生時代には米を植えていたところで、現在もその季節には米作りが行われている様です。

展示してある竪穴式住居ですが、一番手前のものだけ(?)コンクリートで作られていました。

住居の中はこんな感じ。この家の造りは本当に当時の造り方なんでしょうか?

登呂遺跡は弥生時代の後期で、1世紀頃と言われているのですが、その当時にこういう家や高床式の倉庫を作る技術があったなんて、本当にすごいです。

さて、登呂遺跡の後は、そこから車で5分ちょっとのところにある「ふじのくに地球環境史ミュージアム」へ。これが、建物の外観です。実は、ここは以前は高校だったところで、学校再編統合で2013年に閉校した県立静岡南高校を改装して作られたんだそうです。

だから、入り口も学校の玄関、そのまんま。

玄関から入ったすぐのところ。

展示は、もとの教室を利用して、目的別に改装してあります。

教室にあった机がこんな風に変身しています。

このミュージアムは、その展示方法が「考えさせる展示」という点で、開館以来いくつもの賞をもらっているのですが、そういう視点で見ると、確かにただ見学するだけではなく、見学者にその意図を考えさせる作りになっているんですよね。

我が家の長男、何か感じてくれたかなぁ?

2つの博物館のHPへのリンクです。

静岡市立登呂博物館

ふじのくに地球環境史ミュージアム

2021/02/24 チャリで下田まで

チャリで下田まで行ってきたのは、昨日(23日)なんですけどね。

ここ数日腰の調子が悪くて、ストレッチをやっても、何をやっても、どうも良くならない。

先月だったか、腰が痛かった時にたまたま下田まで自転車で行ったら、いつの間にか腰の痛みがなくなっていたことがあって。

もしかしたらまた良くなるかな?と期待して、昨日下田まで行ってきました。

昨日は、気温が上がって暖かかったけど、西風が強くて参りました。

特に、外浦を過ぎた後の「上の山」と言われる下田への直線の道路では、真正面から風が吹いてくるので、登り坂がきつかった。

下田の港の辺りでも、風がビュービュー吹いていて、自転車を立てておくとすぐに倒れちゃうんですよね。

そういえば、下田に行くこと自体が久しぶりなので、様子を知らなかったのですが、市内ではまだ河津桜が残っている木が多かったですね。
桜家の桜が早すぎるということなんでしょうけど。

昨日は祭日ではありましたが、連休ではなかったせいか、観光客は少なかったような。

水族館は、コロナの関係で土日しか営業をしてないので、祭日であってもお休み。
それを知らない観光客で駐車場まで来て引き返している人が多かったな。

ペリーロードも人は少なかった。Facebook やってます♪

2021/01/31 チャリで下田へ

今日はちょっと下田まで買い物に行くつもりでいたのですが、天気は良いし、風もあまりなかったのでチャリで行ってきました。

白浜から普通に国道を走って下田港まで来ました。向こうに見えるのは下田港内遊覧船「サスケハナ号」です。
現在、コロナ禍の影響を受けて、平日は運休、週末のみ運行しているそうです。

下田港の「ベイステージ」を通り抜けて来たホテルの前に満開?の桜が。
名札を見ると「須崎乙女桜」と書いてありました。

10年近く前に、須崎地区で12月の終わり頃から一本だけ咲いていた早咲きの桜を増やしたものらしいです。ピンク色が濃くて、少し花が下向きにぶら下がっている感じ。

下田市内の稲生沢川沿いを走ってやってきました。「ペリー上陸の碑」です。
昔は別のところにあったものをここへ移動して、今はちょっとした公園になってます。

我が家の子供たちが小さかった頃は、あじさい祭の時などによくここへ来ていたものです。(遠い目。。。)

下田海上保安部の前です。船尾が平らになっていますが、何に使う船なんでしょうね?
また、ここは下田から伊豆諸島へ行く神新汽船のフェリーが停泊するところですが、昼間は航行中なのでお留守です。

下田港の釣りのポイント「犬走島」です。今日はあまり人はいなかったな。

下田港の海沿いをぐるっと走って水族館まで来ました。駐車場にはそこそこ車が停まってましたが、人は少ないような。
ここも現在は週末のみの営業です。

水族館のところから海を眺めながら鍋田浜方面へ行ける遊歩道があります。

以前、台風で歩道が破壊されてずっと通行止めになっていましたが、修復も終わり、今は通れるようになっています。

海の向こう側には下田東急ホテルが見えます。

あのホテルの手前のところ「大浦」には、江戸時代の1636年から約100年もの間「御番所」という海の関所が置かれていたところで、当時は「出船入船三千艘」と言われ、相当賑わった様です。

鍋田浜の近くまで来ました。ここの浜は下田湾でも一番奥にあるので、伊豆に台風が接近している時でも、下田市内で最後まで泳げるところなんです。

鍋田浜から国道に出て下田市内へ。ここは下田でも有名な観光スポット「了仙寺」です。
下田港からペリーロードを歩いて来て最後に突き当たる場所になります。 「日米下田条約」締結の地として知られていて、5月には境内の数百本のジャスミンの花が咲いてそれは見事です。

了仙寺から市内を抜けて伊豆急下田駅までやってきました。

今日は日曜日なのに、駅の周りのお店はほとんどがお休み。人も少なかった。。。

というわけで、この後買い物をして白浜へ戻ったのでした。

Facebook やってます♪